auひかりで光ファイバー最速を目指そう!光ファイバー導入を考えている人とauひかりユーザーのためのサイト
http://www.auhikari.info/
auひかり情報館
auひかり導入すべき度判定 | auひかりの5つの魅力 | auひかり対応プロバイダを比較する | auひかりで最速を目指す | 特集 | Q&A | auひかりを活用する(リンク)
ホーム > auひかりの5つの魅力 > その2:安価な月額料金  
5つの魅力  
     
アイコン その2:安価な月額料金  
 
安価な月額料金 ※図は、平成22年7月現在のもの。NTTフレッツ光ネクストのネットサービス月額料金は、フレッツ光ネクスト月額利用料、屋内配線利用料、回線終端装置利用料の合計。利用するルータはひかり電話ルータ(月額0円)を選択したものとして計算しております。IP電話ルータや、無線LANタイプのひかり電話ルータを選択した場合は、別途レンタル料がかかります。

はじめに目に付くのは回線設置のための工事費用ですが、NTTでもauひかりでも、割引やホームページからの申込みによるキャッシュバックなどで一部金額を相殺できるキャンペーンを随時行っています

そのため、もっとも考慮すべきなのは毎月の負担となる月額費用でしょう。

auひかりの戸建向け契約プランである「ギガ得プラン」は、2年間の契約継続を条件に月額料金を5,460円と割安な価格に設定しています。(ギガ得プランは2年単位で自動更新されます。途中解約すると、解除料9,975円が別途かかります。1年契約の標準プランの場合は、月額6,615円。)

NTTフレッツ光の場合は、NTTへ支払う回線利用料等のネットサービス利用料金のほかに、契約するプロバイダの料金が毎月かかります。たとえば大手プロバイダ「@nifty」でNTTフレッツ光を2年割プラン(2年間の契約継続が条件)で契約した場合、毎月のプロバイダ料金は1,050円です。(auひかりは、ネットサービス利用料金にプロバイダ料金がはじめから含まれています。)

平成22年7月現在、auひかりのギガ得プランの戸建向け月額料金(ネットサービスのみ)は、NTTフレッツ光ネクストの料金と同額なので、プロバイダ料金分だけauひかりのほうが安いことが分かります。

ちなみに、工事費用を考えてみると、NTTのほうがauひかりよりも約3,000円安いですが、月額料金で1,000円程度auひかりのほうが安ければ、たったの3ヶ月でその差は埋まってしまいますね。

■ auひかり公式ホームページの料金に関するページへ(別ウィンドウで開きます) >>
■ NTT東日本公式ホームページ、フレッツ光ネクストの料金に関するページへ(別ウィンドウで開きます) >>

 
     
 


 
  価格.com ブロードバンド
価格.comは特集でも紹介中! >>

Copyright(c) 2010 auひかり情報館 All rights reserved. [このホームページについて]