auひかりで光ファイバー最速を目指そう!光ファイバー導入を考えている人とauひかりユーザーのためのサイト
http://www.auhikari.info/
auひかり情報館
auひかり導入すべき度判定 | auひかりの5つの魅力 | auひかり対応プロバイダを比較する | auひかりで最速を目指す | 特集 | Q&A | auひかりを活用する(リンク)
ホーム > auひかりで最速を目指す(スピードアップのコツ) > ハードウェアの最適化 > 高速PLC  
プロバイダを選ぶ  
     
アイコン 高速PLC(電力線通信)  
 
PLCは、親機と子機との間のデータのやり取りを家庭内の電力線を利用して行う通信規格のことです。
家のコンセント〜コンセント間の電力線がLANケーブルの代わりになるため、LANケーブルの引き回しが儀がホームゲートウェイ〜親機間、子機〜パソコン間のみと最小限で済みます。
また、電気のコンセントのある部屋ならどこでも利用できるのも魅力です。

速度は最大210Mbpsですが、理論値なので実際は最大で50Mbps〜70Mbps程度といわれています。速度を維持するために、機器メーカー各社はノイズフィルターの利用を勧めています。
また、親機と子機はタコ足のケーブルタップ等を使わず、コンセントに直接接続することを勧めています。

機器の通信規格は複数ありますが、それぞれに互換性はありません(現在検討中)。別の規格の機器同士を接続するとそれぞれが大きな「ノイズ源」となり、速度低下の原因になるため注意が必要です。

通信規格 概要
HD-PLC
理論上の最大値は190Mbps〜210Mbpsですが、実際は55Mbps〜65Mbps程度(TCP)といわれています。パナソニックの登録商標でもあることから、パナソニック製の機器が主に採用しています。
UPA
理論上の最大値は190Mbpsですが、実際は60Mbps〜70.5Mbps程度(TCP)といわれています。無線LANで有名なバッファローやロジテック製の機器が主に採用しています。
HomePlug
AV
理論上の最大値は200Mbpsですが、実際は55Mbps程度(TCP)といわれています。シャープ製の機器が主に採用しています。

auひかりから貸与されるギガホームゲートウェイには、オプションでPLCモデムの親機と子機(最大速度は85Mbps)をつけることができますが、金額は840円/月です。

長期間に渡って利用する場合は、市販のPLCモデム(親機と子機)を購入するほうが安価です。

パナソニック PLCアダプター スタートパック 据置型 BL-PA510KT
パナソニック PLCアダプター スタートパック 据置型 BL-PA510KT
パナソニック 2008-10-25
売り上げランキング : 2453

おすすめ平均 star
starもっと早く使っていれば良かったです。
star使いやすい!
starいまいち…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
BUFFALO UPA方式 PLCアダプター PL2-UPA-L1/S
BUFFALO UPA方式 PLCアダプター PL2-UPA-L1/S
バッファロー 2009-01-27
売り上げランキング : 7795

おすすめ平均 star
starPLCは期待以上の接続だ
star残念
star無線と接続

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
SHARP PLC(高速電力線通信)アダプター LAN1ポート+LAN1ポートタイプ 初期設定済ペアモデル HN-VA10S
SHARP PLC(高速電力線通信)アダプター LAN1ポート+LAN1ポートタイプ 初期設定済ペアモデル HN-VA10S
シャープ 2007-08-24
売り上げランキング : 101953


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■ auひかり公式ホームページの「高速PLCモデム」に関するページへ(別ウィンドウで開きます) >>


■ 最速を目指す(スピードアップのコツ) >>
■ ホームページに戻る >>
 
     
 


 
  価格.com ブロードバンド
価格.comは特集でも紹介中! >>

Copyright(c) 2010 auひかり情報館 All rights reserved. [このホームページについて]